サッカーにおいて、一番基礎の基礎といえるのがドリブルではないでしょうか?サッカー少年のカリスマである、かの大空翼少年は「ボールは友人」を口癖に、常にボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)を蹴りながら行動していたのを、サッカーをしてる方なら知らない人はいないでしょう。現実には、交通事故(最近では、自動車と歩行者の交通事故だけでなく、自転車と歩行者の事故が多発し、問題になっています)やさまざまな諸事情からそれを行うことを肯定は出来ません。むしろ、「危険ですから絶対に真似しないでみてはいかがでしょうか」の注釈が必要になるでしょう。でも、あのシーンが訴えていたのはそういう危険を犯すということではなく、ボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)を自在にコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)できるよう、常に練習しましょうということだったのではないでしょうか。そして、サッカーにおいてドリブル練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)は、それほどまでに重要なものであるということを伝えたかったのでしょう。それが真実であることは、サッカーをしている方なら誰でも知っているようです。ドリブル練習では、ただ蹴りながら走れば良いと言うものではないものです。プロの試合を見れば分かりますが、選手はボール(製造の過程をテレビなどで紹介することがありますが、意外と原始的で精巧に作られています)を見ずに周囲の敵味方の動きを見ながらドリブルをしています。つまり、ボールを見ずに周りの状況を見ながら瞬間的に判断してドリブルしているのです。ですから、最終目標は「ボールを見ずに自在の方向にドリブルできるようになること」です。その練習法でよく行われるのがコーンなどを使ってたジグザグドリブル走法と呼ねれているんです。これも当然ですが効果的だと思いますが、円を描いた軌道上をドリブルすると言う練習法も推奨されていますー